アプロ・ドットコム

管理薬剤師に転職して年収アップしたい方にオススメの転職サイト。高年収の単発派遣もオススメ。

アプロ・ドットコムは1998年設立の、東京と大阪にオフィスがある薬剤師向け転職サイトです。

ネットでの口コミや評価が少なく不安になる方もいるかもしれませんが、実績が十分にあり実力の高いエージェントが集まる薬剤師向け転職サイトですよ。

アプロ・ドットコムの実力や評判が気になる方に向け、元転職エージェントで現職は大手企業の採用担当である私と元転職エージェントの2人が、業界内での評判や特徴をまとめました。

求職者側からは見えない、エージェント側からの情報をしっかりお伝えしますよ。

実際にアプロ・ドットコムを利用した方の感想もご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

高年収にこだわって求人を探してくれるので、今より年収を上げたいなら一度相談してみると良いですね。
実力派のエージェントが多い転職サイトです。

エージェントはやた手

最近はかなり珍しくなった単発(スポット)派遣の取り扱いがあるのも特徴です。
短期間で稼ぎたい方にもおすすめできますよ。

 

この記事を書いた人

カオリ
大学病院に臨床薬剤師として勤務後、中規模薬局、全国チェーン調剤薬局のエリアマネージャー、本社教育部を経験。その後転職紹介会社に籍を置き、100名以上の薬剤師様のお手伝いをさせて頂きました。 薬剤師として現場で働きたいとの思いから、全国チェーンの調剤薬局に転職し、現在はプレイングマネージャーとして勤務。 趣味は子育て、薬剤師の副業ビジネスの構築。

 

この記事を書いた人

エージェントはやた手はやた
元薬剤師専門の人材エージェントで、10年以上勤務経験あり(人材派遣、人材紹介)。キャリアアドバイザーや法人営業として、薬剤師の転職サポートを年間100名、合計500名以上実施、大手薬局やドラッグチェーンの人事担当や採用責任者の方とやり取りしてきました。趣味はマラソン。

\1分で完了!/
アプロ・ドットコムに無料登録する

アプロ・ドットコムをオススメする薬剤師

転職サイトによって特徴やこだわりが全く違います。
まずはアプロ・ドットコムが合っている求職者の特徴を挙げますね。

アプロ・ドットコムをおすすめする薬剤師

  • 関西・関東圏内で勤務地にこだわって働きたい
  • 勤務環境よりも高年収を優先させたい
  • 短期間の高時給派遣で働きたい

アプロ・ドットコムの保有求人の多くは、関東・関西エリアです。

企業方針としてそれ以外のエリアにはあまり力を入れず、関東・関西エリアの中小企業の求人を集めています。

そのため関東・関西エリアの保有求人数はかなり多く、勤務地にこだわって働きたい薬剤師さんでも希望する場所の求人が見つかりやすいです。

アプロ・ドットコムは管理薬剤師や管理薬剤師候補など、高年収求人を優先して紹介してくれます。

年収が高い分仕事が大変な職場もありますが、早く奨学金を返したい方やマイホームの資金を貯めたい方など年収を優先したい方にもおすすめです。

アプロ・ドットコムは派遣求人の取り扱いもあり、派遣も高時給の求人が多め。

短期間の高時給派遣が多いので、転職の合間など時間を有効に使いたい方にも良いですよ。

エージェントはやた手

アクティブな男性エージェントが多く、関東と関西を行き来している方も。
私の知っている関東のエージェントさんも、関西エリアの求人に詳しいですよ。

以下ではアプロ・ドットコムの評価や評判をさらに詳しくお伝えしていきますので、他転職サイトとの比較の参考にしてくださいね。

\1分で完了!/
アプロ・ドットコムに無料登録する

アプロ・ドットコム利用のメリット

私がアプロ・ドットコムと他転職サイトを比較して、優れていると感じるポイントをお伝えしますね。
私は以下の3つを、アプロ・ドットコム利用のメリットと考えています。

元エージェントからみたアプロ・ドットコム利用のメリット

  • 高年収求人へのマッチング率が高い
  • 管理薬剤師求人に対し積極的に交渉してくれる
  • 高時給の派遣求人を多く保有している

高年収求人へのマッチング率が高い

アプロ・ドットコムは利益重視の会社で、利益率の高い高収入求人を優先して紹介する転職サイト。

(女社長が実力主義でやり手なことは、業界内では有名なんですよ。)

管理薬剤師・管理薬剤師候補の求人が多く、年収600万円以上の高年収求人の多くが「非公開の掘り出しモノ求人」です。

アプロ・ドットコムは中小調剤とのつきあいが上手で、特に急な欠員が出やすい企業とのパイプ作りを重視しています。

そしていざ欠員が出た際には高年収で急募求人を出して対応するので、高年収求人を多く保有できるんですね。

それほど高年収を求めていない求職者にも基本的に高年収求人からおすすめするので、結果的に高年収求人でのマッチング率が高くなっています。

管理薬剤師求人に対し積極的に交渉してくれる

アプロ・ドットコムの高年収求人は、その多くが管理薬剤師・管理薬剤師候補の求人です。

募集段階では年収600万円に達しない管理薬剤求人も、アプロ・ドットコムは企業と交渉して年収大幅アップをもぎ取ってくれることが。

よくあるのが、みなし残業代を加えることで年収アップさせるパターンですね。

企業側は一般薬剤師を募集していても、管理薬剤師候補の高年収求人としての契約になることもあります。

年収以外が求職者の要望とマッチしない場合には「〇〇の点だけ妥協してくだされば、企業側は年収〇万円で歓迎してくださいます。」など求職者に交渉することも。

管理薬剤師で高年収の求人を探しているなら、アプロ・ドットコムに相談する価値は高いです。

特に管理薬剤師経験があれば、優先して高年収求人を紹介・交渉してもらえます。

高時給の派遣求人を多く保有している

ここ数年薬局側の金銭的負担が大きい高額派遣求人は、どんどん数が減ってきています。

その中でも中小企業とのパイプ作りが上手で求人の出るタイミングを測るのが上手なアプロ・ドットコムは、多くの高額派遣求人を保有しているんです。

管理薬剤師経験ありなど臨機応変に働ける薬剤師は、優先的に時給4,000円以上の派遣を紹介してもらえます。

経験があまりなくても、派遣先企業の評価が良ければ非公開の高時給求人を紹介してもらえるようになりますよ。

最近アプロ・ドットコムでは派遣先の評価による表彰制度を導入したので、表彰されるとさらに好条件の派遣求人を紹介してもらえる可能性が高くなりますね。

高時給派遣を狙いたい意欲的な薬剤師さんにとって、アプロ・ドットコムの派遣はモチベーション高く働ける内容と言えます。

エージェントはやた手

関東・関西エリアの求人保有数はかなり多く、希望エリアの求人が見つかりやすいのもおすすめできるポイントです。
アプロドットコム登録者に配信されるメルマガは薬学的知識だけではなく、接遇や薬局で使える英会話など痒いところに手が届く内容と評判が良いですよ。

\1分で完了!/
アプロ・ドットコムに無料登録する

アプロ・ドットコム利用のデメリット

次に、アプロ・ドットコムのデメリットと感じる部分をお伝えします。
以下の内容が気になる方は、別のエージェントを検討した方が良いかもしれません。

元エージェントからみたアプロ・ドットコム利用のデメリット

  • 高年収のブラック求人がある
  • 担当が固定制で対応にバラつきがある
  • 高年収に繋がらない求人はマッチングしにくい

こちらも詳しく解説していきますね。

高年収のブラック求人がある

エージェントの交渉により高年収が叶った求人も多いですが、中には「高収入案件にはウラがある」といったものも。

例えばブラック調剤で管理薬剤師が急に辞めたので急募の高年収求人が出た、などですね。

ただどんな求人でもアプロ・ドットコムのエージェントは無理に押したりしませんし、募集背景もごまかさずにしっかり教えてくれます。

残業代の支払いにトラブルがあった求人なら「みなし残業代の支払いのもめごとがあって…」と話してくれますし、1分単位での残業代を希望する求職者には紹介しません。

何を「ブラック」と感じるかは人それぞれなので、募集背景をしっかり聞いて自分に合うか見極めるといいですね。

人によってはブラックと感じるけど、気にしない人もいる例を挙げておきます。

  • 残業が多い 残業代が多くなるので問題なし
  • 1人薬剤師体制 1人の方が気楽
  • ワンマン社長 年収高ければ気にしない

エージェントが求職者の希望や意向を聞き取りして、その人にとってプラスになる求人を紹介しれくれるので問題とならないことが大半です。

一方こだわりが強かったり年収より労働環境を優先する求職者は、マッチングしないこともあります。

担当が固定制で対応にバラつきがある

アプロ・ドットコムは大手転職サイトのようにエージェント間で情報を共有せず、求職者に対し完全担当固定制を取っています。

求人もエージェントが各自営業して獲得したものを担当の求職者に紹介しているので、担当したエージェントによって紹介される求人の数にバラつきが出ることがあります。

基本的に担当は1度決まると変わらないので、合わないと感じたら早めに担当変更を申し出た方が良いですね。

保有する求人や交渉力がエージェントによって全然違うので、担当を変えてもらったら良い求人が出てきたということもありますよ。

高年収に繋がらない求人はマッチングしにくい

上の「高年収のブラック求人がある」でもお伝えしましたが、年収よりも環境を優先する場合にはマッチングしにくいです。

年収の高くない一般薬剤師求人も保有していますが、優先して紹介はしません。

交渉も積極的にはしてくれないので、労働環境重視ならマイナビ薬剤師などワークライフバランス重視の転職サイトを利用した方が良いですね。

同様に年収が低く利益率の低いパート・アルバイトはあまり紹介してもらえません。

エージェントはやた手

各エージェントが求人先に足を運んで交渉や求人獲得をするので、交渉がしにくい大手企業の求人はほとんどありません。
大手求人を検討したいならマイナビ薬剤師リクナビ薬剤師が良いですよ。

\1分で完了!/
アプロ・ドットコムに無料登録する

業界内のアプロ・ドットコムのエージェントの評判

各自で活動するスタイルのアプロ・ドットコムですが、やはり転職サイトごとにカラーはあるもの。
採用担当者・エージェント目線でアプロ・ドットコムのエージェントは、以下の印象を受けます。

アグレッシブなエージェントが多い

実力主義な企業なこともあり、かなりアグレッシブに活動するエージェントが多いです。

例えば他社転職サイトで紹介されて面接に行った薬局を、アプロ・ドットコムからも紹介されたとします。

すると求職者にこんな交渉をするエージェントが。

アプロ・ドットコムからの契約にしてもらえたら、一時金〇〇円お出しします。
アプロ・ドットコムを介してもらえたら、年収〇円アップします。

派遣の場合には「時給〇円アップします。」という感じですね。

多少利益が落ちても競合会社をブロックして契約するスタイルを強引と感じる方もいるかもしれませんが、求職者としては損はしません。

アプロ・ドットコムを利用するなら、数社登録して比較しながら求人を探すのが良さそうですね。

企業と信頼関係を作るのが上手な人が多い

話が上手で、企業の採用担当者や中小企業の社長クラスと関係を作るのが上手な人が多いです。

個人プレイが主なので、上手く関係を作れる人しか残れないのかもしれないですね。

派遣は当日の欠員でも薬剤師さんを確保してくれることが多いので、アプロ・ドットコムに信頼を置く中小調剤も少なくないです。

強い信頼関係が作れると年収面だけではなく労働条件も交渉できるようになるので、求職者の希望に合わせて求人を調整しやすくなります。

エージェントが企業と信頼関係を作れていることは、求職者側にもメリットが大きいですね。

高評価な派遣薬剤師にだけ単発(スポット)派遣・高額時給派遣を紹介しているので、企業側から信頼されやすいとも言えます。

エージェントはやた手

一部高収入希望ではない薬剤師さんには積極的に連絡をくれないエージェントもいるので、担当になった方がそうだった場合には担当交代を申し出ましょう。

\1分で完了!/
アプロ・ドットコムに無料登録する

求職者のアプロ・ドットコムの評判

アプロ・ドットコムから転職した方のほとんどが、年収面で満足しています。
他社に比べて男性エージェントが多く、元気で良かったと話す方が多いですね。
いくつか利用者の実際の声をご紹介します。

「期待していた以上に年収が上がったので、仕事へのモチベーションが上がった。」(26歳男性)

「他の派遣会社では見つからなかったスポット派遣があったので良かった。転職の合間に高額時給で働けて満足している。」(31歳男性)

「家族の都合で家の近くで働きたかったんですが、希望した勤務地の仕事を探してもらえて助かりました。他社では見つからなかった薬局でした。」(32歳女性)

「提案された求人が少なくて、あまり参考になりませんでした。」(29歳女性)

エージェントはやた手

年収重視の方はおおむね満足されていますが、ワイフワークバランスや環境重視の方からは不満が出ているようです。
自分の転職希望スタイルあわせて、転職サイトを選ぶと良いですね。

\1分で完了!/
アプロ・ドットコムに無料登録する

アプロ・ドットコムの評判と特徴|まとめ

年収重視のアプロ・ドットコムは、今よりもできるだけ年収をアップさせたい方に向いています。

関東・関西圏内の中小調剤の求人を多く保有しているので、勤務地にこだわりたい方にも良いですね。

管理薬剤師になって高い年収を狙いたい方にとっては、交渉も含めて希望の職場が見つかりやすいでしょう。

スポット派遣や高時給派遣も充実しているので、短期で稼ぎたい方にもおすすめです。

一方、ライフワークバランスや職場の環境・人間関係を重視したい方にとっては、提案が少なく希望の職場が見つかりにくいことも。

職場の人間関係など環境を重視するなら、求人先に詳しくサポートが充実しているマイナビ薬剤師ファルマスタッフなどの利用を検討してください。

他の薬剤師向け転職サイトも比較して検討したい方は「転職エージェントがおすすめする薬剤師転職サイトランキング」に薬剤師向け転職サイトをランキング化した結果をまとめてありますので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

\1分で完了!/
アプロ・ドットコムに無料登録する

 

この記事を書いた人

カオリ
大学病院に臨床薬剤師として勤務後、中規模薬局、全国チェーン調剤薬局のエリアマネージャー、本社教育部を経験。その後転職紹介会社に籍を置き、100名以上の薬剤師様のお手伝いをさせて頂きました。 薬剤師として現場で働きたいとの思いから、全国チェーンの調剤薬局に転職し、現在はプレイングマネージャーとして勤務。 趣味は子育て、薬剤師の副業ビジネスの構築。

 

この記事を書いた人

エージェントはやた手はやた
元薬剤師専門の人材エージェントで、10年以上勤務経験あり(人材派遣、人材紹介)。キャリアアドバイザーや法人営業として、薬剤師の転職サポートを年間100名、合計500名以上実施、大手薬局やドラッグチェーンの人事担当や採用責任者の方とやり取りしてきました。趣味はマラソン。

PAGE TOP