人間関係

剤薬局薬剤師の人間関係はとっても大変。辞めることにならないためにできること

調剤薬局薬剤師の人間関係はとっても大変。辞めることにならないためにできること

  • 2021.12.9

一日の大半を薬局の中で過ごすことの多い調剤薬局では、良くも悪くも人間関係が密になります。

そのため、他のスタッフとの人間関係に悩む薬剤師も少なくありません。

逆に人間関係が良好だと仕事がしやすいし、楽しさも増しますよ!

良好とは言わなくても、問題がない程度に留めるのは大切なことですね。

調剤薬局で築く人間関係はどのようなものか。
そして良い人間関係を築くコツは?

薬剤師100人対象の「薬剤師人間トラブル」についてのアンケート結果を交え、解説していきます!

この記事を書いた人

三上小夜香 三上小夜香
大手調剤薬局に勤務後、転勤族であるMRとの結婚により退職。結婚後はしばらくパートで働き、派遣薬剤師に転向。妊活に専念するため退職し、現在は子育てとライターの兼業中。趣味はゲームとネットサーフィン。

薬剤師の薬局内の人間関係と気を付けること

少ない人数で運営する調剤薬局ですが、立場や人物の背景は様々。

薬局内で作られる人間関係、そしてそれぞれで気を付けるべきことは以下です。

管理薬剤師との人間関係

男性が大半、女性は少なめです。

調剤薬局では、管理薬剤師が店長を兼務する事がほとんどですね。

正直、敵対すると仕事を続けにくくなる相手です。

アンケートで人間関係トラブルで転職した薬剤師の、トラブル原因1位は上司絡み。
薬剤師が転職する原因となった人間関係のトラブル
引用元 薬剤師が転職する原因となった人間関係のトラブルは?
言うことを聞けば良いというわけではないですが…

相手の意図をくむ努力をし、対立や不仲を避けたいですね。

正社員の薬剤師との人間関係

男女比は年齢が若いほど女性の割合が多く、30歳を超えると男性の割合が高くなります。
女性は結婚してパート薬剤師に移行する方が多い為です。
大きい調剤薬局では、多くの正社員薬剤師が所属しています。
薬剤師の数が多いほど、関係性が希薄になりがち。

薬剤師同士の人間関係を円滑に保つため、大切なのは日頃のコミュニケーションです。
薬剤師の職場での人間関係の改善方法
引用元 薬剤師の職場での人間関係の改善方法や、人間関係改善の工夫や配慮とは?

正社員薬剤師同士がしっかりコミュニケーションを取れていると、事務さんやパート薬剤師も仕事がしやすくなります。

働きやすい環境維持のためにも、職場の軸となる正社員薬剤師同士はコミュニケーションを意識したいですね。

意識の高過ぎる薬剤師との人間関係

薬剤師業界でよくあるのが「めちゃくちゃ意識の高い薬剤師がいると疲れる」というものです。

普通に勉強意欲のある薬剤師であれば何の問題もありません。
問題は、周りを巻き込んで勉強しようとする薬剤師の存在。

周りを巻き込む意識が高い薬剤師の例

  • 勉強会への強制参加
  • 休日返上で講演へ参加させる
  • 自分はこんなに勉強しているのに、君たちはそれでいいの?
  • 来週から出勤前に勉強会ね!

アンケートでも薬剤師の人間関係悪化の原因は、「性格的に変わった人の存在」が1位です。

正直、性格的に変わった人を事前に見分けるのは難しいですが…
転職時の面接で

休日のイベントは積極的に参加してくださいね!

など言う薬局は、避けた方が無難と言えます。

パート薬剤師さんとの人間関係

ほぼ女性、主に主婦の方です。
おしゃべり好きな方が多く、コミュニケーションは比較的取りやすいです。

始業前や休憩中などの空き時間に雑談をすることで仲が深まり、仕事もしやすくなりますよ。

子どもや家族の急病で、急に仕事を休むことがあります。
シフト作成時も、パート薬剤師の都合に合わせるシーンが多いでしょう。

しわ寄せを受けると不満を感じると思いますが…
薬局内での助け合いは、大切に。自分も急病で迷惑をかけるシーンがあるかもしれませんよ。

仮に不満があったとしても、パート薬剤師本人ではなく、上司に相談するのが大事です。

社長やエリアマネージャーとの人間関係

小規模薬局では社長、中規模以上ではエリアマネージャーが管理薬剤師の上司になります。

会う機会は限られますが、積極的に話しかけて名前を覚えてもらいましょう。
後の出世に関わります。

調剤報酬改定による減収から、加算を取るように言われることがあります。

調剤薬局で働く薬剤師は、サラリーマンです。
可能な限り上司の意向に添えるように、店舗で相談や工夫をしましょう。

もし嘘の加算など法令違反を指示するなら、そこはブラック薬局です。

自分が責任を負わされる前に、転職を考えた方が良いかもしれません。

医薬品卸のMSさんとの人間関係

MSと呼ばれる方々です。
頻繁に薬局に顔を出し、色々な情報を提供してくれます。

薬局は彼ら無しには成り立ちません。

仲良くしていると、病院やドクターの裏話を教えてもらえることがありますよ。
開業を目指す薬剤師は、積極的に仲良くしておきましょう。

事務員さんとの人間関係

女性が多いですが、最近は男性事務員さんも増えてきています。
業務はレセコン入力や、レセプト関連の仕事を担当します。

平成31年4月2日に厚生労働省から出された「調剤業務のあり方」により、調剤補助員としても活躍できるようになりました。

レセコンは事務さんの仕事と考える薬剤師は多いですが、管理薬剤師を目指すなら、レセコン入力は必須条件です。
レセコンが扱えると、一人薬剤師で年収アップも見込めますよ。

調剤薬局薬剤師の事務さんとの人間関係も大事にして、レセコンを教えてもらいましょう。

ちなみに独身男性薬剤師は、事務員さんが将来の結婚相手となる事も…
薬剤師同士での結婚もありますが、同じ店舗内で結婚した場合は一方が異動することが多いですね。

同じ店舗内で恋愛関係になった場合は、周囲が気まずくないように配慮しましょう。

お局さんとの人間関係

女性社会である薬局の中には、お局さん的な薬剤師や事務さんがいることもあります。

職場内の出来事やスケジュールを全て把握しようとしたり、仕事を周りの人に押し付けたりとタイプは様々。

お局さんがいると困るのは、派閥ができやすいこと。
派閥ができると、薬局内の人間関係は大きく悪化…
薬剤師が転職する原因となった人間関係のトラブル
引用元 薬剤師が転職する原因となった人間関係のトラブルは?

困ったお局さんがいる場合は、関わりすぎないのが大事です。

目に余る行動がある場合は直接言わず、上司に相談した方が良いでしょう。

薬剤師の人間関係での気遣い

ドラッグストアよりも、調剤薬局の方が人間関係は大変です。
職場が狭く、仲の良くない人がいても逃げ場がないためです。

人間関係が悪化すると修復は難しく、実際に調剤薬局を辞める方の多くが人間関係のトラブルです。
コミュニケーションを大切にしてトラブルを防ぐことも大事ですが、火種が小さいうちに上司に相談するのも大切ですよ。
薬剤師の職場での人間関係の改善方法
引用元 薬剤師の職場での人間関係の改善方法や、人間関係改善の工夫や配慮とは?

チェーン薬局なら、人間関係トラブルに対して異動という手段を取ることも可能です。

薬剤師の医師との人間関係

調剤薬局において、医師との関係性はとても大切です。

調剤薬局の収入源は、医師が発行する処方箋。
したがって医師が処方箋を発行しなくなること、つまり院内処方に戻されるということは何としても避けなければなりません。

また医師との関係性が良いほど、疑義紹介でなどで処方意図を確認しやすくなります。

若い医師と関係を良好に保つと、開業の際に声をかけてもらえることもありますよ。

よくある医師と薬剤師のやり取り事例

ある怪我をした患者さんに抗生剤が処方されていましたが、よその医院からも他の病気で抗生剤が出ていました。
重なるので処方をキャンセルしてもらおうと疑義照会をすると…
女性薬剤師・左手

〇〇先生、お世話になっております。お忙しいところ申し訳ございませんが、疑義紹介させていただきたく、お電話差し上げました。

忙しいのわかってんだったら、早く用件言ってよ!!!!

もちろん中には、疑義前の挨拶を重視する医師もおられます。
医師の性格や状況を把握して、疑義紹介するのが大切。

医師の性格面や疑義紹介時の雰囲気を、薬局内で共有すると良いですね。

特に応需処方せんが特定の病院に依存している薬局は、門前の医師に頭が上がらないことも…
日頃から病院に顔を出などコミュニケーションを取り、人間関係を築いておきましょう。

ただし気難しい医師の多くは、高齢の医師。
40代くらいまでの医師は、優しい人ばかりなので気負いすぎなくても大丈夫ですよ。

まとめ

狭い薬局内で1日を過ごす、調剤薬局の薬剤師。
正直、人間関係に悩む薬剤師は少なくないですし、退職のキッカケになることも…。
合わない人がいるのは当然。

しかし仕事仲間として上手くやって行くため、日頃からコミュニケーションを取り人間関係を良好に保つ努力は大切です。
事務員さんや医師との人間関係も同じですよ。
相手を状況をよく見て、お互いが気持ちよく関われるようにしたいですね。

薬剤師の職場のリアルな人間関係トラブルについてもっと知りたい方は、以下のアンケートを参考にしてください!

「人間関係トラブルで辞めるべき?」「辞める前にできることは?」このあたりの疑問について、アンケート内容を踏まえて詳しく解説していますよ。

薬剤師の職場の人間関係について薬剤師111人にアンケートを実施しました!

  • 薬剤師の職場で人間関係が悪くなる原因
  • 薬剤師の職場での人間関係の改善方法や、人間関係改善の工夫や配慮とは?
  • 薬剤師の職場の人間関係トラブルはどこまで我慢すべき?辞めずに我慢した方が良いラインとは?
  • 薬剤師が人間関係で転職した職場とは?
  • 薬剤師が人間関係の良い職場を転職前に知る方法は?

これらを薬剤師111人にアンケートを実施しました。
毎日過ごす職場が少しでも快適になるよう、「【転職NG!?】薬剤師の職場の人間関係トラブルはどこまで我慢すべき?薬剤師111人に聞きました」を参考にしてみてください。

こんな記事も読まれています

  1. 病院薬剤師の人間関係~薬剤師として頼りにされる存在~

    病院薬剤師の人間関係~薬剤師として頼りにされる存在~

  2. CRAの人間関係~必要とされるコミュニケーション能力~

  3. 男性薬剤師だけどもう辞めたい!調剤薬局の女性職場はもう嫌だ!

  4. 薬剤師のいじめ

    薬剤師がいじめに耐えるのは間違いだった。退職に追い込まれた経験者が伝え…

  5. 薬剤師の職場の人間関係アンケート結果

    【転職NG!?】薬剤師の職場の人間関係トラブルはどこまで我慢すべき?薬…

  6. 調剤薬局薬剤師の事務さんとの人間関係の築き方

    調剤薬局薬剤師の事務さんとの人間関係の築き方

PAGE TOP