薬剤師のお仕事データ

薬剤師がCRCに転職するときに知っておきたいこと

患者さまを助けたい、直接患者さまと接したいと願う薬剤師の大半は、薬剤師の資格を取得した後、病院や調剤薬局などに就職して調剤業務や服薬指導に携わります。

医療機関での患者さまとのふれあいにやりがいを感じている薬剤師はとても多いのですが、仕事内容が毎日同じことの繰り返しということもあり、いつのまにかやりがいを見いだせなくなってしまったり、もっと別の仕事をしてみたいと思ったりする薬剤師も中にはいるのではないでしょうか。

私もそんな薬剤師の一人でした。

そして悩んだ結果、CRCと呼ばれる仕事に転職をしました。

今、CRCは薬剤師に人気の転職先の一つですが、その詳細について知らない方も多いのではないでしょうか。
今回はCRCの仕事についてや、転職する際に知っておくべきことについてを私の経験をもとに紹介していきます。

CRCって何ですか?

CRCは、Clinical Research Coordinatorの頭文字をとった単語で、いわゆる「治験コーディネーター」のことです。

治験コーディネーターの仕事を簡単に言うと、「新薬を開発するための臨床試験をスムーズに進ませるための仕事」なのですが、「治験をスムーズに進ませるための仕事」と一言で言っても、実際に何のことを言っているのかピンと来ないですよね。

それに、そもそもどのようにすればCRCになれるのかも知りたいところだと思いますので、それらをここで少し説明したいと思います。

CRCになるには?

CRCは薬剤師国家資格のようにテストを受けてなるものではありません。

認定CRCという試験は存在していますが、この資格を持っていないとCRCの仕事はできないというものではなく、スキルアップを目的にした試験です。

確かにCRCは薬のメカニズムや検査データの読み込みなどある程度の知識を必要とする職種なのですが、薬剤師の資格があれば知識的に困ることはないと思ってください。

治験を行っている医療機関で治験をコーディネートする仕事の担当になれば、その日からCRCとして仕事ができるということです。

ただ、このCRCという仕事。医療機関に勤めている薬剤師などの職員がそのままCRCの仕事をすることもありますし、SMO(Site Management Organization)というCRCの派遣会社に所属して、そこから各医療機関にCRCとして派遣されて仕事をする場合とがあることはおさえておいてほしいところです。

よって、CRCになりたいと思ったらまず、CRCとして医療機関に直接雇用されるのか、またはSMOの会社に雇用されて派遣先でCRCとして働くかどちらかを選ぶことになります。

CRCの仕事内容とは?

治験をスムーズに行うためにCRCは、『治験に参加する患者さま』と『治験を担当する医師』と『治験を主宰する企業』の間に立ち、さまざまな仕事をします。

たとえば、

CRCの仕事内容

  • 治験参加を希望する患者さまが参加条件に合致しているかのリサーチ
  • 患者さまへ治験についての説明
  • 患者さまの治験スケジュール管理
  • 治験に必要な検査キッドの準備
  • 必要な検査の予約
  • 病院のスタッフへの治験説明と協力要請
  • 治験担当医師の指示のもとでの症例報告書作成
  • カルテの読み込み
  • 治験担当医師への情報提供
  • 企業からの臨床モニターを医師の面会のスケジュール調整やセッティング
  • 治験審査委員会への参加
  • 患者さまの検査データの把握

などなど、ちょっと書きだしただけでもこれだけの仕事がCRCを待ち構えています。

きっとこの仕事のリストだけを見ると、「とにかく一つ一つ仕事をさっさとこなさなくては仕事が終わらない」と思いますよね?

たしかにその通りなのですが、CRCの仕事はただ終わらせるためだけにこなせばよいというわけではありません。

治験には患者さまがご自身の身体を使って参加をしてくださっていますし、企業も膨大な費用をかけています。もしCRCの失敗によって試験が中止してしまったら、患者さまや企業に多大なご迷惑をかけることになってしまうということは決して忘れてはいけないところです。

つまり、CRCはどんなに沢山の仕事を抱えていても、慎重かつ正確に仕事を行うことが絶対に不可欠ということです。

このようなことから、コーディネータ—と一言で言っても内容はかなり深く大変なことが簡単に想像できるのではないでしょうか。

『医療機関所属のCRC』と『SMO所属のCRC』仕事内容の違い

医療機関所属のCRCもSMO所属のCRCも仕事内容は基本的に変わりません。

強いて言うならば医療機関所属のCRCの方が、医師の書く字を読み慣れていたり、他の部署の職員との関りが長かったりするので、他職種と連携がとりやすいということが多少あるでしょう。しかし、SMO所属のCRCもその医療機関である程度長く仕事をすることにより、そのような差もなくなると思います。

CRCの年収はいくらですか?


SMO所属のCRCの年収の平均は400万円から450万円くらいですので、病院薬剤師と同じくらいと考えて良いと思います。

ただ、当直がある病院の薬剤師の場合、当直手当などにより収入がアップしますし、調剤薬局の薬剤師の平均年収は550万円と言われています。医療機関からCRCに転職すると年収が下がってしまう可能性が高くなるかもしれません。

医療機関所属のCRCの年収は、(薬剤師の場合ですが)その機関の薬剤部に所属している薬剤師の年収とほぼ同じと考えるのが無難です。

私は、CRCとして医療機関に所属していましたが、年収はそこで調剤をしている薬剤師の年収にCRC手当として月1万円がプラスされた金額をいただいていました。

薬剤師の年収は、病院の規模や扱っている診療科などによってかなり変わってきます。CRCの平均年収よりも医療機関別に調べてみることをお勧めします。

CRCはどんなところが魅力的なお仕事ですか?


大変なところがとても多いのにお給料はそれほど高くありませんので、「なぜCRCに魅力を感じるのか」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

ここでは私が個人的にCRCを選んだ理由を中心に書いていこうと思います。

新薬開発に携われるから

まず、私がCRCになりたかった第一の理由は新薬の開発のお手伝いができるという点です。

調剤・監査や服薬指導ももちろんやりがいのあるお仕事でしたが、やはり薬剤師として将来患者さまを助けられる新薬の開発に携わりたいという思いは、調剤業務中心の薬剤師をしていたころから常にありました。

薬科大学では臨床で働く薬剤師と同時に科学者としての薬剤師の育成もしますので、新薬開発と聞くと科学者の血が騒ぐという薬剤師もきっと多いですよね。

とにかく私は、「新薬を待っている患者さまの力になれる」ということや「新しいメカニズムの薬が治験者の患者さまの病態にどのように効果を発揮するのかを見守れる」ということにCRCの魅力を感じました。

患者さまと接することができるから

先ほど、新薬の開発に携われることを理由の一つに挙げましたが、開発に携わるのであれば他にもさまざまな職種が存在します。

ではなぜその中でCRCを選んだか・・・

それは開発に携わりながらかつ患者さまと直接接することができるのが、治験医師以外ではCRCだけだからです。

私は当時、データとにらめっこするよりも患者さまから直接状態などを聞いて、おかしいと感じることがあればすぐに医師に報告するなど、患者さまが安心して治験に参加できるようにしたいという希望がありました。

そして、患者さまを守るために患者さまに一番近いところにいたいと考えていました。

また、CRCは患者さま一人一人と机に座って向かい合いお話をしますので、お互いに納得がいくまでお話しできるということもCRCになりたいと思った大きな理由の一つです。

薬局で働いていたころ、窓口で服薬指導をしても、他の待っている患者さまのことを考えると、せいぜいお話しできるのは1、2分でしたので、患者さまの状態によってはもっと時間をかけてあげたいとずっと願っていました。

患者さまと長く接しながら新薬の開発にも関わることができるということがCRCの最大の魅力なのではと私は思います。

CRCに向いている人ってどんな人?

人の気持ちが分かる人

まず、CRCに向いているのは思いやりがあり、人の気持ちが分かる人だと思います。

先ほど少し触れましたが、患者さまは自分の身体を使って臨床試験に参加しています。

新しい薬を使って試すということはどんなに不安なことなのか、大きな副作用が現れたらどうしようと思いながら治験薬を服用していることを想像してみてください。

人の不安な気持ちを汲み取れるような器がないと、患者さまの信頼は得られません。その結果参加を拒否したり、途中でやめてしまう結果につながる可能性も高くなってしまいますよね。

また、治験に参加される患者さまの多くは私たちよりも人生経験豊富な年配の方たちです。担当のCRCが本当に自分のことを考えているのか、または分かるふりをしているだけなのかということは一瞬で見抜けるということも覚えておいてほしいポイントです。

このことから、人の気持ちを分かってあげられることがCRCの大切な要素であることが分かるのではないでしょうか。

多くの仕事を把握しながら動くことができる人

仕事のリストにも書きましたが、CRCの仕事は膨大です。

膨大なうえに接する人も患者さま、治験医師、企業からの臨床開発モニターと多数いますから、どの仕事を優先的にしたらよいのかを常に考えながら動かなければなりません。

CRCの仕事ぶりが治験の進み具合や質にも影響します。頭を整理しながらきれいに仕事ができる人というのが向いていると言えます。

柔軟性を持っていて急なことでも冷静に対応できる人

治験は新薬を患者さまに投与していますので、いつ予想外の症状がでるか分かりません。

データに何の問題がないと思っていた患者さまが、今回突然異常値を示したということも珍しいことではないのです。

そうした時にどのように対応すべきか、どのように患者さまの体調回復に専念すればよいのかということを医師とともに冷静に考え、行動する力がCRCには必要です。

CRCの冷静さが患者さまの安心感につながることもとても多いですよ。

女性が働きやすい

ここまで挙げてきたCRCに向いている人の条件を考えると、女性におすすめの職業だと個人的に思います。

人の気持ちに敏感であったり、多くのことを同時にできるというのは女性脳の特徴でもありますよね。

SMOに所属するCRCは女性が多いという事実もありますし、私が働いていた医療機関のCRCも全員女性でした。CRCの職場はやはり女性が働きやすいところだと言えるのではないでしょうか?

CRCの職場選びのコツ


CRCへ転職をする場合、どのような職場を選んだらよいか気になるところだと思います。

一般的な転職の際、収入や職場への通勤の便などを考えると思いますが、ここではCRCへの転職において特に気を付けることをいくつか挙げてみます。

CRCの経験がない場合はCRCが多く所属する職場がいい

これは医療機関に所属するCRCに初めて挑戦する場合ですが、就職する前にその機関に何人のCRCが働いているのか確認したほうが良いかもしれません。

いくら薬の知識や治験に関して大学で勉強したといっても、実践的な仕事がすぐにできるわけではないですよね。

実際にどうやって治験に携わっていくかは、「百聞は一見に如かず」。先輩たちからやりかたを聞いて学ぶのが一番良い方法です。

もし所属するCRCが少ないと自分たちの仕事で手いっぱいになってしまい、教えてもらえる時間がないことも考えられます。所属CRCの人数を確認し、しっかり教育が受けられる環境なのかを見極めてほしいと思います。

ちなみにSMOに所属する場合は、会社で研修などが組まれているのが通常です。人数に関して心配する必要はありません。

SMOに就職する場合はどの範囲で医療機関への派遣されるのか確かめて

SMOに就職を希望するなら、どのくらいの範囲のエリア内で派遣するかというのも知っておいたほうが良いと思います。

通勤先がどこでもよいというならば心配ありませんが、多くの人は家から通勤先までどのくらいかかるのかということを重要視しますよね。

SMOはあくまでもCRCを派遣する会社ですので、勤務先はSMOの会社がある場所ではなく、派遣される医療機関になります。

派遣される範囲があまりにも広いと、通勤にかなりの時間かかる可能性があるということですから要注意です。

グローバル試験をどの程度やっているのかも知っておくとよいかも

最近の治験はグローバルで行われることがとても多いです。

日本のみで行われている試験の場合は、症例報告書検査依頼も日本語で大丈夫なので問題はありません。しかし、グローバル試験では英語が必要となる場面がとても多いということを頭に入れておいてほしいと思います。

読み書きはもちろんのこと、試験によってはスピーキングの能力も問われてきます。もし英語が苦手ならば、どのくらいグローバル試験を行っているのかや、どの程度英語力が必要なのかを最初にチェックしておいた方がよいかもしれません。

現在はグローバル試験中心なことが多いですから、場合によっては独学で英語の勉強が必要になります。

私も治験のグローバル化を目の当たりにして語学留学を決めましたし、知り合いにも二人ほど臨床開発モニターになるために海外留学をした人がいるくらいです。

CRCの転職は難しい?

CRC未経験の場合、転職の難易度もチェックしておくべきポイントだと思います。

ここでは多くの人が心配する、転職の難易度に関する4つのことについて書いていきます。

治験についての知識

今まで治験にかかわったことのない人は、治験が未知の世界となりますので、何も分からずに転職をして大丈夫かということが心配になるのではないでしょうか。

新しい分野に挑戦する時にはこのような不安はつきものですが、薬剤師資格を持っているのなら治験に関する知識について過剰に心配する必要はありません

私たちは薬学部で治験についてある程度のことを学んできていますし、新薬のメカニズムも何の問題もなく理解できる知識を身に着けているからです。

CRCになってから治験について一生懸命学んでいけば、プロとして活躍できる日も近いですよ。

英語のスキル


先ほど紹介しましたが、英語のスキルは必須と言っても良いくらい治験には不可欠なものになりました。

ただ、英語のスキルが転職時に必ず必要かというとそんなことはないと思います。

たしかに英語のスキルがないよりはあったほうが、転職しやすくなるでしょう。お給料面での交渉なども有利な立場に立てることもあります。しかし、英語がそれほど得意でないからと言ってそれが転職できない理由にはなりづらいです。

英語のスキルはCRCになってから身に着けていくという人も大勢います。もし面接で英語について聞かれた場合は、今後努力を惜しまず勉強するという意気込みを面接官にアピールしてみてください。

他職種はライバルか

CRCは薬剤師だけがなれる職種ではなく、実は国家資格が何もなくてもなれます。

ただ実際は、薬や検査データなどの知識が必要なことから、薬剤師の他、看護師や臨床検査技師がなることが多いです。

これを聞くと、「CRCは他職種がライバルとなり転職しにくいのでは?」と思った人もいますよね。

薬剤師は臨床検査技師ほど検査データを読み取れないなど、不利になることを心配する気持ちは分かりますが、他職種がライバルとなり転職できない可能性は低いと思ってください。

薬剤師の薬の知識はCRCにおいて他の職種には負けない強い武器になります。

それに、私がCRCをしていた頃、薬の面では私が、検査データの解析では臨床検査技師のCRCが、患者さんの状態に関しては看護師のCRCが・・・・というようにお互いに助け合うことでチームのように仕事を行ってきました。

他職種はライバルというよりも必要な仲間という感覚が強いです。

CRCに転職可能な年齢

CRC未経験の場合は、何かと新たに学ぶことがたくさんあります。やはり35歳までの転職をおすすめしたいです。

でもだからといって、それ以上の年齢での転職が不可能ということはありません。
今までの経験やスキルにより転職できたという例はたくさんあります。

私の職場の仲間もCRCとしては未経験でしたが、40代後半から転職して立派に勤めていました。

ただ、年齢を重ねれば重ねるほど未経験で雇用される機会が減ってしまうことも事実です。

若いうちに治験に関わる職に就いて経験を積んでおいた人は、会社側がその経験を認めてくれます。ある程度年齢を重ねてからもCRCへの転職がしやすい傾向があります。

CRCの求人はどうやって探しますか?

さて、それではCRCになろうと決めた時、求人はどのように見つけたらよいのでしょうか。

時々求人広告やハローワークの求人欄にSMOの求人が出ているのを見つけますが、やはり調剤薬局の求人の数と比べてしまうと圧倒的に少ないです。

条件に合うCRCの求人を効率よく探すためには、転職エージェントの力を借りることをおすすめします。

転職エージェントには非公開求人もたくさんありますので、登録することで私たちが知らない多くの求人の中から自分に合う職場を見つけ出してくれる可能性があります。

エージェントに求人を頼む際、今までお伝えしてきたような職場の場所や英語のスキル、CRCの人数なども合わせてチェックしてもらうとよいかもしれません。

転職エージェントは転職のプロフェッショナルなので、その職場の特徴なども把握しています。
それぞれの職場についていろいろな情報やアドバイスを得ることができ、それを自信に変えて転職につなげることができると思いますよ。

二人三脚で不安を一つ一つ解消しながら転職成功に向けてがんばってみてください。

まとめ

今回はCRCの仕事やその転職などについて書いてきましたが、振り返って要約してみます。

CRCへの転職まとめ

  • CRCになるには資格がいらないが、薬や検査データを把握する知識は不可欠
  • CRCには医療機関所属の人とSMO所属の人がいる
  • 仕事内容は膨大でかつミスなく行うことが重要
  • 年収は他の薬剤師職と比べると低めだが、新薬の開発や患者さまと深くかかわれるなどやりがいなどを考えると魅力ある仕事と言える
  • CRCは人の気持ちが分かり、多くのことを同時にこなせる女性脳を持つ人が向いている
  • CRCの職場を選ぶときは学ぶ環境が整っているかや通勤する場所も頭に入れたほうがいい
  • CRCになる難易度は薬剤師資格を持っている人にとってはそれほど高くはないが、仕事をしてから学ぶことが沢山ある
  • CRCへの転職はエージェントに相談してみる

調剤薬局や病院などからCRCに転職しようと思うと、全く違う分野での違う仕事に不安を感じ、転職を踏みとどまってしまうこともあると思いますが、この記事を読んで少しでも不安が解消し、前へ進んでみようと思っていただけたら幸いです。

CRCへの転職に成功し、やりがいを感じながら生き生きとして仕事ができることを祈っています。

The following two tabs change content below.
Candie

Candie

総合病院に臨床薬剤師として勤務後、治験コーディネーターを経て語学留学のため渡米。 帰国後は治験コーディネーター、保険薬剤師として英語を生かした仕事に就く。 現在は結婚退職し、ライターとシステムプログラマーとして在宅勤務中。趣味はものづくり。

こんな記事も読まれています

  1. 薬剤師としてプロフェッショナルを目指すなら病院薬剤師!

  2. 薬剤師のドラッグストア業界の転職事情2021年版

  3. 病院薬剤師の仕事内容

  4. 病院薬剤師にとってのチーム医療とは。実際にあった4つの事例

  5. かかりつけ薬剤師になることのメリット・デメリット

  6. ママ薬剤師の正社員の転職先としてDI職がオススメな理由

最近の記事

  1. 薬剤師はどんな副業してる?【100人に聞いてみた】実際に稼げる副業も厳選して紹介!
  2. 散薬分包機アンケート
  3. 【薬局設備】最新の自動ピッキングシステム3機種の使用感
  4. ママ薬剤師の働き方
  5. アフターピル市販化への薬剤師の不安は何?【薬剤師100人にアンケート】
PAGE TOP